スタンドアップパドルボードのスクールに必要な持ち物・服装

スタンドアップパドルボードのスクールに必要な持ち物・服装

スタンドアップパドルボードのスクールにはじめてくるときに必要なもの、あると便利なものをご紹介しています。
ウェアリングについてもご案内していますので、いらっしゃる時のご参考になさってください。
スタンドアップパドルボードは、初め慣れるまではどうしても濡れてしまいます。 初めのうちは濡れても寒くないしウェアリングを心がけ、どんどん転んで楽しみましょう。
持ち物やウェアリングで悩んだときには、お気軽にお問い合わせください。

必ず持ってきていただくもの■一番下に着る下着 ■ 着替え ■濡れてもいい靴(行き帰りとは別のもの。かかとのあるものをご用意ください。) ■シャワー利用時のタオル類 ■お飲み物(水筒・ペットボトルなど)■ランチなしのクラスのときは昼食。(コンビニは歩いていける距離にはありません。)*久留和海岸校の土日開催クラスはお弁当の注文を承ります。 (別途有料:700円) ■保険証のコピー(職業上保険証をお持ちでない方は、保険証にあたるもののコピー)■季節ごとのウェア(ウェアリングは下で詳しく説明をしています。ウェアのレンタルもございます。) あると便利なもの ■ 紫外線対策:帽子・サングラス・日焼け止め ■ メガネ(サングラス)着用の方:メガネバンドコンタクトの方は使い捨てタイプのものがよいでしょう。■ 乗り物酔いしやすい方:酔い止め■ 防水バッグ(持っていきたいけれど濡らしたくないものを入れておきます。)■ カメラ(防水のもの。浮力体が付いている方が安心です。)■ スノーケルセット(夏)

スポーツサンダルは△ クロックスは× ビーチサンダルは×
足を保護するために必ず靴は履いて頂いています。底の厚い靴は、バランスが取りにくくなります。また、かかとが固定されていないものはバランスを崩した時に足首を痛める可能性がありますので避けるようにしてください。底の薄いスニーカー(デッキシューズ)やマリンスポーツ用のウォーターシューズなどで代用ができます。行き帰りとは別のものをお持ちください!

デニムなどのコットン(綿)製品は避けましょう

夏は、日差しがとても強くなります。日焼けによる体力消耗を防ぐことがウエアリングのポイントです。また、梅雨時期にお越しの方は、「春・秋にお越しの場合」も参考にしてください。

夏のウエアリング:化繊のシャツにボードショーツなど

夏以外は基本的にはウェットを着用をします。着る枚数や種類はその日の気候によって調整をします。

春・秋のウェアリング:化繊のシャツに化繊のタイツなどを下着として着用します。その上に暖かい日には、ボードショーツに風を通さないジャケットを携行すれば安心です。少し寒いかなというときには、レインウェアの上下を着用します。日焼けが気になる方は帽子・サングラス。

冬は寒さへの対策がウェアリングのポイントです。春・秋のウェアリングに加え中間着を着用します。下記のウェア以外にもニット帽やネックゲーターなどもあると便利です。

化繊のシャツやタイツの上にウェットの上下などを着用します。